Share this Page

Report

活動レポート
Home 5 ピースロード2021 5 ピースロード2021の先陣を切って熊本で縦走スタート!

ピースロード2021の先陣を切って熊本で縦走スタート!

ピースロード2021の先陣を切って熊本で縦走スタート!

date

2021-05-05

organizer

熊本県実行委員会

root

熊本ルート

熊本県ピースロード実行委員会は5月1日、全国に先駆けて2021年の縦走をスタート。水俣市から出発し、八代までの60キロを駆け抜けました。

3日は、八代市から「PEACE ROAD 2021 in 熊本県大会」が行われる熊本市の市民会館まで縦走するルートと、阿蘇神社から市民会館までの2つのルートに分かれて走行しました。八代ルートでは出発式が行われ、八代副市長がライダーを激励しました。阿蘇ルートでは今年3月7日に全面開通した新阿蘇大橋(熊本地震で崩落)を渡り、50キロを縦走しました。

ライダーが大会会場に到着した後、大会が始まりました。今回の大会は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、規模を縮小して開催されました。

会場に到着したライダーたちを全体で温かく迎えたのち開会が宣言されました。ピースロードの紹介映像の視聴に続き、主海偉佐雄・熊本県ピースロード実行委員会実行委員長から主催者あいさつがありました。主海実行委員長は、ピースロード運動が日本全国で展開されており、多くのの若者がライダーとして参加していることを紹介しました。そして今、世界各地で紛争や争いが絶えない現状について言及し、ピースロードを通じて発信される人々の思いが世界の隅々まで届き、真の平和が訪れるように願うと述べました。

続いて、在日本大韓民国民団(韓国民団)から参加した来賓があいさつし、「現在、日韓関係が最悪と言われている中で、このように民間で友好関係を深めようとするピースロード活動が熊本で活発に行われていることを知った」と述べました。また、参加している若者を見ると、日韓関係はまた良くなっていくだろうと希望を持ったと強調した上で、自分も少しでも力になれることができればとピースロードに期待を寄せました。

来賓の方々が日韓友好、世界平和の願いを込めてピースロードの旗にサインをしたのち、代表ライダーがピースメッセージを宣誓しました。

大会後、ライダーは次の目的地である玉名市に向けて出発していきました。

5日には玉名市で出発式を行い、有明海が見える国道を縦走。荒尾市を通過し、福岡県の県境までを走行し、熊本の全コースの縦走を終えました。

最近の記事

日韓友好、南北統一を祈願する「ピースロード2021発団式」開催

日韓の架け橋となった李秀賢さんの母親も参加 韓国鮮文大学 韓国におけるピースロードプロジェクトも始動! ピースロード韓国組織委員会とUPF-Koreaは5月14日、忠清南道牙山市にある鮮文大学の野外音楽堂で「ワンコリアピースロード2021 世界縦走団発団式(結団式)」を開催し、韓国ピースロードが幕を開けました。 ピースロードは世界平和と、分断国家の象徴である朝鮮半島の平和的統一を願い、世界各国の主要区間を自転車やマラソン、ウォーキングなどで巡るもので、世界約130カ国で行われています。...

ピースロード2020 今年の活動と成果を共有

「オンライン報告会&中央実行委員会解散式」を開催 「PEACE ROAD(ピースロード)2020 in Japan」中央実行委員会は10月1日、東京都新宿区の会場で「PEACE ROAD2020 in Japan 報告会&解散式」を行いました。新型コロナウイルス感染防止の観点からオンライン形式で行われたイベントには、全国の都道府県実行委員会の役員、スタッフなど約90人が参加しました。...

ピースロードの世界的な取り組みを共有

UPF欧州・中東主催ウェビナー開催 日本など世界各国から300人が参加 「平和のために、人々を連結しよう」をテーマとするPEACE ROADウェビナー(主催:UPF欧州&中東)が8月31日に開催され、全世界から約300人が参加しました。今年、日本をはじめ欧州、韓国、米国などで行われたピースロードの活動を報告し、ライダーがその体験談などを共有しました。...

初の県独自開催 地元のサイクリング協会のメンバーも縦走に参加

和歌山実行委員会は8月29日、高野町の高野山奥の院から出発。県独自で行う初めてのピースロードがスタートしていきました。 一行はまず、かつらぎ町の丹生都比売神社(にふつひめじんじゃ)に到着。 続いてライダーらはかつらぎ町役場を表敬訪問。町長を始め、職員の方々が温かく迎えてくれました。 かつらぎ町役場から和歌山県のサイクリング協会の方々と合流しました。和歌山県では各所にサイクリングロードが設けられており、協会関係者がその一つである紀の川コースを案内しながら伴走してくれました。...

PEACE ROAD 2020 in Ehime 開催!

地元ラジオ収録やゴスペル演奏も 愛媛実行委員会は8月22日、「PEACE ROAD 2020 in Ehime」を開催しました。 伊方町の道の駅「伊方きらら館」で行われた出発式には、町長が来賓として駆けつけ、ライダーを激励しました。多くのサポーターの声援を受けたライダーは元気よく出発していきました。 一行は同市内の瀬戸農業公園、大久展望台などを経由し、伊方町の観光交流拠点施設である「佐田岬はなはな」まで縦走しました。...

武蔵野〜西東京 訪問先でピースロードのビジョンを伝える

北多摩実行委員会は8月21日、武蔵野市の武蔵野中央公園から出発しました。 一行はまず、西東京市にある東伏見稲荷神社を訪問。代表ライダーがピースメッセージを元気よく宣誓しました。その後に向かった東久留米市の氷川神社でもピースメッセージを宣誓し、ピースロードのビジョンを伝えていきました。...

民団支部や総領事館を訪問 日韓友好への思いを伝える

東神奈川実行委員会では8月21日、川崎市の稲毛神社からスタート。地元のサポーターが応援に駆けつけ、ライダーは元気よく出発していきました。 ライダーはまず、横浜市の在日本大韓民国民団(民団)神奈川県鶴見支部を訪問し、担当の方が歓迎してくれました。一行は、ピースロードがめざす日韓友好と世界平和のビジョンとメッセージを担当者に伝えました。...

ゴール地点で歓迎セレモニー

山口県実行委員会では8月10日、縦走を行いました。一行は下関市の海峡ゆめ広場までを走破。海峡ゆめ広場では歓迎セレモニーが行われ、多くのサポーターがライダーを慰労しました。

大きな虹もライダーを応援

徳島県実行委員会は8月10日、藍住町の藍住町総合文化ホールから出発。ピースロードの出発に先駆けて、会場では徳島県平和大使協議会の設立大会も行われました。途中の休憩地点では大きな虹がライダーを迎えました。 一行はゴール地点である鳴門市のスポーツ施設 UZU...

Share this Page