Share this Page

Report

活動レポート
Home 5 ピースロード2020 5 ピースロード2020 今年の活動と成果を共有

ピースロード2020 今年の活動と成果を共有

ピースロード2020 今年の活動と成果を共有

date

2020-10-01

organizer

中央実行委員会

root

「オンライン報告会&中央実行委員会解散式」を開催

「PEACE ROAD(ピースロード)2020 in Japan」中央実行委員会は10月1日、東京都新宿区の会場で「PEACE ROAD2020 in Japan 報告会&解散式」を行いました。新型コロナウイルス感染防止の観点からオンライン形式で行われたイベントには、全国の都道府県実行委員会の役員、スタッフなど約90人が参加しました。

今年のピースロード活動について、事務局から全般的な報告が行われたのち、地方実行委員会の担当者が各地域(ルート)の活動事例を紹介しました。

首都圏エリア・北多摩ルートでは、同地域の平和大使が中心となって運営が準備されたこと、ルート内の神社や仏閣の宗教施設、市役所など行政への訪問を通じてピースロード運動が掲げる平和メッセージを広くアピールできたことなどが報告されました。

東北エリアの担当者は宮城県の活動を紹介。石巻市内での活動や仙台市で行われた「『宮城から祈りを込めて世界へ』Peace Road コンサート」について報告しました。

北海道エリアの担当者は、若者が積極的に参加することで、次世代に向けて活動の意義を伝えることができたと感想を述べました。

東海・北信越エリアの報告では、愛知、富山、石川、三重の活動が報告されました。愛知の朝鮮学校への訪問、富山の宗教者地元議員・行政への渉外活動、石川の日韓合同でのYoutube番組制作、三重の民団と朝鮮総連の参加など広範でユニークな活動が紹介されました。

近畿・中四国エリアでは、愛媛の取り組みが紹介されました。愛媛のピースロードには31人の外部参加者、そして8つの企業体が参加するなど、地域一丸となった活動が行われました。地元テレビ局などのメディアでも取り上げられました。

最後に九州エリア・熊本の報告がありました。熊本は「令和2年7月豪雨」で甚大な被害があり、7月11日に予定していたピースロードは中止せざるを得ませんでした。しかし、翌12日は阿蘇神社をスタート地点とするピースロード縦走を実施。一方で、災害復興ボランティアにはのべ83人が参加。「被害にあった家の方々が地域で助け合って後片付けをしている姿に触れ、絆の大切さを感じた」という青年ボランティアの感想が紹介されました。

次に共同実行委員長の水野達夫・元駐ネパール大使(=写真下)があいさつをしました。水野委員長は、自転車で町や村を颯爽と駆け抜ける若者が人々に勇気と感動を与えるとし、その姿が日本が力強く発展していくことを予感させると述べました。その上で、日本の少子高齢化問題にも触れながら、ピースロードを通じて、幸せな結婚と家庭の重要性もアピールしてはどうかと提案しました。

また、実行委員を代表してまず大野功統名誉実行委員長(元防衛庁長官)があいさつ。「ピースロードが平和の維持のための血を流さない活動として世界に広がり、発展していくことができれば」とピースロードの今後の活動に期待を寄せました。

最後に、梶栗正義実行委員長(UPF-Japan会長=写真上)が今年のピースロードについて総括しました。梶栗会長は、多くの平和大使、有識者、青年などの積極的な参加に謝意を表し、今年も社会の理解と賛同を得て、平和の秩序を実現するというピースロード運動の意義を広げることができたと述べました。

最近の記事

自然豊かな自転車専用道路を走行(熊本②)

熊本県実行委員会は25日、第二回目となるピースロードを行い、熊本市から山鹿市までを結ぶ全長34キロの自転車と歩行者のための県道「ゆうかファミリーロード」を走行。ライダーらはコース上にある川や田園風景を眺めながら縦走していきました。...

朝鮮通信使の歴史と日韓友好への思いを共有(栃木)

日光東照宮から栃木縦走スタート 「ピースロード2021・イン・栃木」が7月25日に開催され、スタート地点の日光東照宮で行われた開会式には、ライダーや実行委員会役員、サポーターなど約200人が集まり、世界平和や日韓友好の大切さを共有しながら、ピースロードの意義を再確認しました。 開会式には、ピースロード中央実行委員会の梶栗正義委員長(UPF-Japan議長)をはじめ、方相逸(バン・サンイル)中央実行委員会常任顧問、田中富広首都圏実行委員会委員長も駆けつけ、ライダーを激励しました。...

県議や市議がライダーを激励(兵庫・姫路)

兵庫・姫路実行委員会は22日、姫路市役所で出発式を行いました。出発式には県議、姫路市会議長、兵庫県民団常任顧問があいさつし、ライダーを激励しました。代表ライダーがピースメッセージを力強く宣誓したあと、多くのサポーターに見守られながら元気よく出発していきました。 姫路市役所を出発後、同市内の破磐神社をに到着。宮司がライダーを暖かく迎えてくれました。...

青函トンネル記念館で出発セレモニー開催(青森)

青森県実行委員会は22日、外ヶ浜町の青函トンネル記念館でピースロードの出発セレモニーを行いました。出発セレモニーでは地元の町議が来賓として参加し「日韓トンネルの早期開通を願う」とあいさつしました。...

民団支部や総領事館を訪問(東神奈川)

東神奈川実行委員会は18日、強い日差しが降り注ぐなか、27人のライダーが川崎市の稲毛神社からスタートしました。一行は横浜市の民団鶴見支部や韓国総領事館などを経由し、同市内の伊勢山皇大神宮に向かいました。...

日韓トンネル調査斜坑を訪問(長崎)

長崎県実行委員会は17日から18日にかけてピースロードを開催しました。ライダーらは二日間の日程で長崎市の平和公園から佐賀県唐津市の名護屋城博物館まで縦走していきました。 17日の午前には平和公園で出発式が行われ、県議、市議を初めとした有識者が参加。長崎県実行委員会では、今年から新たに宗教指導者の方を呼んでスピーチをしてもらう取り組みを始めました。今回は日本二十六聖人記念館の牧師が平和メッセージと題してスピーチをしました。...

2日間で県内各地を縦走(北長野)

北長野実行委員会は17日と18日、ピースロードを開催しました。17日は東信エリア(上田・東御・小諸・佐久)、18日は北信エリア(中野・小布施・須坂・長野)で縦走が行われました。18日にはゴール地点である長野市の長野セントラルスクエアでピースロード北長野のグラントフィナーレが行われました。...

朝鮮半島との外交や貿易に尽力した雨森芳洲の生家跡を訪問(滋賀①)

滋賀県実行委員会では11日、ピースロードが開催され、東近江市の百済寺で出発式が行われました。百済寺は甲良町の西明寺、愛荘町の金剛輪寺とともに天台宗寺院「湖東三山」の一つとして知られています。出発式では全国滋賀県人会連合会副会長が激励のあいさつをしたあと、代表ライダーがピースメッセージを力強く宣誓しました。...

表敬訪問した市役所から出発(東愛知)

東愛知実行委員会は11日、ピースロードを開催しました。碧南市役所から出発し、高浜市役所、刈谷市の市原稲荷神社、知立市の知立神社、そして安城市にある明治川神社までの約30キロを縦走していきました。...

宇佐神宮までの56キロを走破(大分)

大分県実行委員会は11日、大分市内の会場でピースロードの出発式を行い、宇佐市の宇佐神宮を目指して56キロのコースを走行していきました。大分市内では前日、雨が降っていましたが、当日は晴天に恵まれました。一行は宇佐神宮に到着し、祈願祭をしてもらいました。...

Share this Page