Warning: number_format() expects parameter 1 to be float, string given in /home/c0407441/public_html/peaceroad.jp/wp-includes/functions.php on line 412
Home ( Page )

ブログ

地元出身の県議もライダーとして参加(徳島)

地元出身の県議もライダーとして参加(徳島)

徳島県実行委員会は10日、鳴門市の「鳴門UZU PARK」で出発式を行いました。出発式にはライダーと多くのサポーター、来賓として衆議院議員や鳴門市長、県議も参加しました。 実行委員長による主催者あいさつがあり、ライダーに対して「ピースロードの取り組みを通して県民に元気と平和を思う気持ちを植え付けてあげることを目指してほしい」と述べました。 その後、代表ライダーによるピースメッセージの宣誓が行われ、14人のライダーはサポーターの声援を受けながら出発していきました。...

世田谷・目黒地域の宗教施設を訪問し平和のメッセージを発信(南東京)

世田谷・目黒地域の宗教施設を訪問し平和のメッセージを発信(南東京)

南東京実行委員会は7月10日、東京・世田谷区の若林公園でピースロードの出発式を行いました。出発式には多くのサポーターがライダーの応援に駆けつけ、ライダー11人を激励しました。自らもライダーとして縦走に参加した世田谷区議が「平和の尊さを噛み締めながら皆さんと一緒に走り抜きたい」とあいさつ。 続いて、南東京実行委員会の杉田善忠委員長があいさつし、2013年から始まったピースロードの歴史とビジョンに触れながら、「私たちも世田谷、目黒を縦走しながら名勝を訪ね、人々に平和メッセージを伝えていきましょう」と述べてライダーを激励しました。...

地域の神社などを巡りながら縦走(河内の国)

地域の神社などを巡りながら縦走(河内の国)

河内の国(東大阪)実行委員会は10日、ピースロードを開催しました。河内の国(東大阪)実行委員会では、各支部ごとに日程を分けて取り組みます。10日は八尾支部で縦走が行われました。ライダーは地域の神社などを巡りながら、ピースメッセージを宣誓していきました。 16日には東大阪支部でピースロードが行われました。一行は東大阪市の鴨高田神社と民団、朝鮮総連の支部を訪れました。...

多くのサポーターがライダーの応援に駆けつける(福井)

多くのサポーターがライダーの応援に駆けつける(福井)

福井県実行委員会は10日から12日にかけて「PEACE ROAD 2021 in Fukui」を開催しました。10日は県内の道の駅などを経由しながら縦走していきました。 11日には福井市中央公園で歓迎集会が行われました。来賓やサポーターなど合わせて約100人が集まり、到着したライダーを温かく迎えました。歓迎集会では代表ライダーが世界平和への願いを込めてピースメッセージを宣誓しました。...

ピースメッセージを携え8か所の市庁を訪問(香川)

ピースメッセージを携え8か所の市庁を訪問(香川)

香川県実行委員会では8日、12日、15日、19日、21日にピースロードが開催されました。香川ルートでは県庁と8ヵ所の市役所を訪問しながらの縦走となりました。 ライダーは青年メンバー7人を中心に、前・現職の議員と市長も一緒に走行していきました。 8日はまず、東かがわ市とさぬき市を訪問していきました。 二日目となる12日は香川県庁と高松市役所、高松市議会を表敬訪問しながら縦走を行っていきました。 15日には、坂出市役所と丸亀市役所を訪問しました。...

地元ケーブルテレビが取材に訪れる(新潟)

地元ケーブルテレビが取材に訪れる(新潟)

新潟県実行委員会は6日、佐渡市の真野御陵でピースロードの出発セレモニーを行いました。セレモニーには来賓として県議が訪れ、ライダーを激励しました。また、地元の佐渡ケーブルテレビが取材に来てくれました。 13日は新発田市と新潟市のルートを縦走していきました。毎年行われている新発田市での38度線歓迎式典も開催されました。 14日には3回目の縦走が行われ、三条市の三条八幡宮から出発しました。 新潟ルートの最終日である18日は長岡市と上越市で縦走が行われました。...

PEACE ROAD 2021 in 北愛知縦走!(北愛知)

PEACE ROAD 2021 in 北愛知縦走!(北愛知)

北愛知実行委員会では3日、蟹江町役場でピースロードの出発セレモニーが開催されました。セレモニーでは代表ライダーが日韓友好、世界平和への願いを込めてピースメッセージを宣誓しました。 蟹江町役場を出発したライダーらは清須市までの約20キロを縦走していきました。清須市に到着後、清須市役所において完走セレモニーが行われました。 10日には第二回目のピースロードが開催され、犬山市内を縦走しました。青塚古墳、東之宮古墳を経由し、犬山城まで走行しました。...

渡来した朝鮮人陶工を慰霊 10日にはピースロード大会を開催(鹿児島)

渡来した朝鮮人陶工を慰霊 10日にはピースロード大会を開催(鹿児島)

鹿児島県実行委員会では3日、日置市美山で日韓友好をテーマにピースロードの出発式が行われました。美山は鹿児島県最大の薩摩焼の産地として知られている地域です。薩摩焼は1598年、薩摩藩17代藩主の島津義弘が朝鮮出兵の際に陶工約80人を連れ帰り、その人たちが現在の美山にあたる伊集院郷苗代川に移り住み開窯したのが始まりとされています。 美山にはその島津義弘にしたがって渡来した当時の陶工である朴平意(ぼく・へいい)の記念碑があり、一行はその記念碑で慰霊祈願を行ってからスタートしていきました。...

PEACE ROAD 2021 in 石川 開催!(石川)

PEACE ROAD 2021 in 石川 開催!(石川)

石川県実行委員会では3日、七尾市にある「のとじま水族館」からスタートしました。一行は能登島大橋を渡り、午前のルートのゴールである能登上布会館に到着しました。午後は羽咋市の妙成寺からスタートし、同市の千里浜レストハウスまで縦走しました。 4日は輪島市の白米千枚田からスタートし、同市の道の駅赤神まで走行しました。...

出発式で朝鮮半島の統一を祈願(南福岡)

出発式で朝鮮半島の統一を祈願(南福岡)

南福岡実行委員会は3日、大牟田市の甘木公園にある徴用犠牲者慰霊碑前でピースロードの出発セレモニーを開催しました。この碑は日本が第2次大戦中に徴用し、三池炭鉱や市内の工場で働かされた朝鮮半島出身者を慰霊するため、1995年3月に建てられたものです。 出発セレモニーでは、ピースロードのサポーターや民団や市議などの来賓が参加する中で朝鮮半島の統一を祈願する時間が持たれました。...

最近の記事

地元出身の県議もライダーとして参加(徳島)

徳島県実行委員会は10日、鳴門市の「鳴門UZU PARK」で出発式を行いました。出発式にはライダーと多くのサポーター、来賓として衆議院議員や鳴門市長、県議も参加しました。 実行委員長による主催者あいさつがあり、ライダーに対して「ピースロードの取り組みを通して県民に元気と平和を思う気持ちを植え付けてあげることを目指してほしい」と述べました。 その後、代表ライダーによるピースメッセージの宣誓が行われ、14人のライダーはサポーターの声援を受けながら出発していきました。...

世田谷・目黒地域の宗教施設を訪問し平和のメッセージを発信(南東京)

南東京実行委員会は7月10日、東京・世田谷区の若林公園でピースロードの出発式を行いました。出発式には多くのサポーターがライダーの応援に駆けつけ、ライダー11人を激励しました。自らもライダーとして縦走に参加した世田谷区議が「平和の尊さを噛み締めながら皆さんと一緒に走り抜きたい」とあいさつ。 続いて、南東京実行委員会の杉田善忠委員長があいさつし、2013年から始まったピースロードの歴史とビジョンに触れながら、「私たちも世田谷、目黒を縦走しながら名勝を訪ね、人々に平和メッセージを伝えていきましょう」と述べてライダーを激励しました。...

地域の神社などを巡りながら縦走(河内の国)

河内の国(東大阪)実行委員会は10日、ピースロードを開催しました。河内の国(東大阪)実行委員会では、各支部ごとに日程を分けて取り組みます。10日は八尾支部で縦走が行われました。ライダーは地域の神社などを巡りながら、ピースメッセージを宣誓していきました。 16日には東大阪支部でピースロードが行われました。一行は東大阪市の鴨高田神社と民団、朝鮮総連の支部を訪れました。...

多くのサポーターがライダーの応援に駆けつける(福井)

福井県実行委員会は10日から12日にかけて「PEACE ROAD 2021 in Fukui」を開催しました。10日は県内の道の駅などを経由しながら縦走していきました。 11日には福井市中央公園で歓迎集会が行われました。来賓やサポーターなど合わせて約100人が集まり、到着したライダーを温かく迎えました。歓迎集会では代表ライダーが世界平和への願いを込めてピースメッセージを宣誓しました。...

ピースメッセージを携え8か所の市庁を訪問(香川)

香川県実行委員会では8日、12日、15日、19日、21日にピースロードが開催されました。香川ルートでは県庁と8ヵ所の市役所を訪問しながらの縦走となりました。 ライダーは青年メンバー7人を中心に、前・現職の議員と市長も一緒に走行していきました。 8日はまず、東かがわ市とさぬき市を訪問していきました。 二日目となる12日は香川県庁と高松市役所、高松市議会を表敬訪問しながら縦走を行っていきました。 15日には、坂出市役所と丸亀市役所を訪問しました。...

地元ケーブルテレビが取材に訪れる(新潟)

新潟県実行委員会は6日、佐渡市の真野御陵でピースロードの出発セレモニーを行いました。セレモニーには来賓として県議が訪れ、ライダーを激励しました。また、地元の佐渡ケーブルテレビが取材に来てくれました。 13日は新発田市と新潟市のルートを縦走していきました。毎年行われている新発田市での38度線歓迎式典も開催されました。 14日には3回目の縦走が行われ、三条市の三条八幡宮から出発しました。 新潟ルートの最終日である18日は長岡市と上越市で縦走が行われました。...

PEACE ROAD 2021 in 北愛知縦走!(北愛知)

北愛知実行委員会では3日、蟹江町役場でピースロードの出発セレモニーが開催されました。セレモニーでは代表ライダーが日韓友好、世界平和への願いを込めてピースメッセージを宣誓しました。 蟹江町役場を出発したライダーらは清須市までの約20キロを縦走していきました。清須市に到着後、清須市役所において完走セレモニーが行われました。 10日には第二回目のピースロードが開催され、犬山市内を縦走しました。青塚古墳、東之宮古墳を経由し、犬山城まで走行しました。...

渡来した朝鮮人陶工を慰霊 10日にはピースロード大会を開催(鹿児島)

鹿児島県実行委員会では3日、日置市美山で日韓友好をテーマにピースロードの出発式が行われました。美山は鹿児島県最大の薩摩焼の産地として知られている地域です。薩摩焼は1598年、薩摩藩17代藩主の島津義弘が朝鮮出兵の際に陶工約80人を連れ帰り、その人たちが現在の美山にあたる伊集院郷苗代川に移り住み開窯したのが始まりとされています。 美山にはその島津義弘にしたがって渡来した当時の陶工である朴平意(ぼく・へいい)の記念碑があり、一行はその記念碑で慰霊祈願を行ってからスタートしていきました。...

PEACE ROAD 2021 in 石川 開催!(石川)

石川県実行委員会では3日、七尾市にある「のとじま水族館」からスタートしました。一行は能登島大橋を渡り、午前のルートのゴールである能登上布会館に到着しました。午後は羽咋市の妙成寺からスタートし、同市の千里浜レストハウスまで縦走しました。 4日は輪島市の白米千枚田からスタートし、同市の道の駅赤神まで走行しました。...

出発式で朝鮮半島の統一を祈願(南福岡)

南福岡実行委員会は3日、大牟田市の甘木公園にある徴用犠牲者慰霊碑前でピースロードの出発セレモニーを開催しました。この碑は日本が第2次大戦中に徴用し、三池炭鉱や市内の工場で働かされた朝鮮半島出身者を慰霊するため、1995年3月に建てられたものです。 出発セレモニーでは、ピースロードのサポーターや民団や市議などの来賓が参加する中で朝鮮半島の統一を祈願する時間が持たれました。...

Share this Page