Share this Page

Report

活動レポート
Home 5 ピースロード2021 5 日韓友好、南北統一を祈願する「ピースロード2021発団式」開催

日韓友好、南北統一を祈願する「ピースロード2021発団式」開催

日韓友好、南北統一を祈願する「ピースロード2021発団式」開催

date

2021-05-14

organizer

韓国

root

韓国

日韓の架け橋となった李秀賢さんの母親も参加 韓国鮮文大学

韓国におけるピースロードプロジェクトも始動! ピースロード韓国組織委員会とUPF-Koreaは5月14日、忠清南道牙山市にある鮮文大学の野外音楽堂で「ワンコリアピースロード2021 世界縦走団発団式(結団式)」を開催し、韓国ピースロードが幕を開けました。

ピースロードは世界平和と、分断国家の象徴である朝鮮半島の平和的統一を願い、世界各国の主要区間を自転車やマラソン、ウォーキングなどで巡るもので、世界約130カ国で行われています。

また、日韓のピースロードでは日韓友好もテーマに掲げています。特に今年は、東京・山手線のホームから駅に転落した日本人を助けようとして亡くなった韓国人留学生、李秀賢(イ・スヒョン)さんの逝去から20周年を迎えました。

発団式はコロナ下における韓国政府の防疫指針を遵守して行われ、李明洙(イ・ミョンス)国会議員、黄善炸(ファン・ソンジョ)鮮文大総長、鄭泰翼(チョン・テイク)韓国外交協会名誉会長、李秀賢さんの母親である辛潤賛(シン・ユンチャン)LSHアジア奨学会名誉理事長、鮮文大の留学生約200人などが参加するなか行われました。

宋光奭(ソン・グァンソク)南北統一運動国民連合会長(=写真下)は開会の辞で「今年は朝鮮半島の平和と統一が世界平和と繁栄の礎石になるということを広めるとともに、李秀賢さんの崇高な犠牲精神を追慕することにより、日韓の和合にも寄与していきたい」と強調しました。

鄭名誉会長は、「外国からの留学生を多数受け入れている鮮文大で世界縦走団の発団式をすることは意義を感じる」と述べ、各国の留学生が朝鮮半島の平和のために縦走団に参加することに感謝の意を表しました。

2部の自転車縦走では、国内の自転車愛好家、鮮文大の留学生等で構成された国土縦走団約70人が鮮文大の野外音楽堂から出発。校内を一周し、世界のピースロード縦走の幕開けを知らせました。

韓国は8月1日から24日まで国土の南端に位置する釜山と麗水から2チームが出発し、韓国と北朝鮮の軍事境界線にほど近い臨津江に向かうルートを縦走する予定です。

最近の記事

自然豊かな自転車専用道路を走行(熊本②)

熊本県実行委員会は25日、第二回目となるピースロードを行い、熊本市から山鹿市までを結ぶ全長34キロの自転車と歩行者のための県道「ゆうかファミリーロード」を走行。ライダーらはコース上にある川や田園風景を眺めながら縦走していきました。...

朝鮮通信使の歴史と日韓友好への思いを共有(栃木)

日光東照宮から栃木縦走スタート 「ピースロード2021・イン・栃木」が7月25日に開催され、スタート地点の日光東照宮で行われた開会式には、ライダーや実行委員会役員、サポーターなど約200人が集まり、世界平和や日韓友好の大切さを共有しながら、ピースロードの意義を再確認しました。 開会式には、ピースロード中央実行委員会の梶栗正義委員長(UPF-Japan議長)をはじめ、方相逸(バン・サンイル)中央実行委員会常任顧問、田中富広首都圏実行委員会委員長も駆けつけ、ライダーを激励しました。...

県議や市議がライダーを激励(兵庫・姫路)

兵庫・姫路実行委員会は22日、姫路市役所で出発式を行いました。出発式には県議、姫路市会議長、兵庫県民団常任顧問があいさつし、ライダーを激励しました。代表ライダーがピースメッセージを力強く宣誓したあと、多くのサポーターに見守られながら元気よく出発していきました。 姫路市役所を出発後、同市内の破磐神社をに到着。宮司がライダーを暖かく迎えてくれました。...

青函トンネル記念館で出発セレモニー開催(青森)

青森県実行委員会は22日、外ヶ浜町の青函トンネル記念館でピースロードの出発セレモニーを行いました。出発セレモニーでは地元の町議が来賓として参加し「日韓トンネルの早期開通を願う」とあいさつしました。...

民団支部や総領事館を訪問(東神奈川)

東神奈川実行委員会は18日、強い日差しが降り注ぐなか、27人のライダーが川崎市の稲毛神社からスタートしました。一行は横浜市の民団鶴見支部や韓国総領事館などを経由し、同市内の伊勢山皇大神宮に向かいました。...

日韓トンネル調査斜坑を訪問(長崎)

長崎県実行委員会は17日から18日にかけてピースロードを開催しました。ライダーらは二日間の日程で長崎市の平和公園から佐賀県唐津市の名護屋城博物館まで縦走していきました。 17日の午前には平和公園で出発式が行われ、県議、市議を初めとした有識者が参加。長崎県実行委員会では、今年から新たに宗教指導者の方を呼んでスピーチをしてもらう取り組みを始めました。今回は日本二十六聖人記念館の牧師が平和メッセージと題してスピーチをしました。...

2日間で県内各地を縦走(北長野)

北長野実行委員会は17日と18日、ピースロードを開催しました。17日は東信エリア(上田・東御・小諸・佐久)、18日は北信エリア(中野・小布施・須坂・長野)で縦走が行われました。18日にはゴール地点である長野市の長野セントラルスクエアでピースロード北長野のグラントフィナーレが行われました。...

朝鮮半島との外交や貿易に尽力した雨森芳洲の生家跡を訪問(滋賀①)

滋賀県実行委員会では11日、ピースロードが開催され、東近江市の百済寺で出発式が行われました。百済寺は甲良町の西明寺、愛荘町の金剛輪寺とともに天台宗寺院「湖東三山」の一つとして知られています。出発式では全国滋賀県人会連合会副会長が激励のあいさつをしたあと、代表ライダーがピースメッセージを力強く宣誓しました。...

表敬訪問した市役所から出発(東愛知)

東愛知実行委員会は11日、ピースロードを開催しました。碧南市役所から出発し、高浜市役所、刈谷市の市原稲荷神社、知立市の知立神社、そして安城市にある明治川神社までの約30キロを縦走していきました。...

宇佐神宮までの56キロを走破(大分)

大分県実行委員会は11日、大分市内の会場でピースロードの出発式を行い、宇佐市の宇佐神宮を目指して56キロのコースを走行していきました。大分市内では前日、雨が降っていましたが、当日は晴天に恵まれました。一行は宇佐神宮に到着し、祈願祭をしてもらいました。...

Share this Page