Share this Page

Report

活動レポート
Home 5 ピースロード2021 5 若者が日韓友好と南北の平和統一の重要性をアピール

若者が日韓友好と南北の平和統一の重要性をアピール

若者が日韓友好と南北の平和統一の重要性をアピール

date

2021-06-25

organizer

中央実行委員会

root

発足式

ピースロード2021 in Japan 中央実行委員会発足式

日韓友好と朝鮮半島の平和的統一、世界平和への願いを込めて若者が自転車などで日本全国を縦走する「ピースロード2021 in Japan」が今年もスタートします。

幕開けを宣言する今年の中央実行委員会発足式が6月25日、東京・新宿区の会場を拠点に全国をオンラインで結んで行われ、全国のライダー、実行委員会役員など約100人が参加しました。

魚谷俊輔UPF-Japan事務総長の司会で開会が宣言された後、来賓として参加した国会議員が激励のメッセージを送りました。議員は、東京五輪・パラリンピックで中東・アフリカを中心とした「難民選手団」が結成され、開会式で国連旗をもって入場することを紹介しながら、国境を超えた彼らの参加が国や文化を超え、困難を乗り越えて未来をつくると強調。ピースロードも、さまざまな困難や違いを乗り越え、多様性の促進と異文化交流を広げる活動であると述べて参加者を激励しました。

続いて、主催者を代表してUPF-Japanの梶栗正義議長(=写真下)があいさつ。梶栗議長は、ピースロードのテーマである日韓友好に関連して、1981年に行われた科学の統一に関する国際会議(ICUS)において、文鮮明・韓鶴子総裁が日韓トンネル・国際ハイウェイ構想を提唱して今年で40周年となることを紹介しました。その上で、今日、若者を中心に世界的に拡大したピースロード運動が、韓総裁のリーダーシップによって国際平和高速道路構想につながる一大プロジェクトとなった経緯を説明しました。

梶栗議長はピースロードが平和への祈りだけでなく、具体的に汗をかいてその思いを発信していく運動として今年も全国で展開されることに希望と感謝の思いを新たにすると述べました。

その後、事務局から今年の実行委員会役員が推薦され、参加者の満場一致で就任が承認されました。

承認を受けて共同実行委員長に就任した水野達夫氏(元ネパール大使)(=写真下)があいさつ。水野氏は昨年も実行委員長を務め、若者の活躍を見ながら、こうした若者たちが未来を引き継いでいくためにも、日本の少子化問題に関わる結婚と家庭の大切さをピースロードのテーマに加えてはどうかと提案。今年、テーマに加えられました。水野氏は「若者がこの問題を考え、ピースロードを通じアピールしていくことで、重みを持ち、人々に響くのではないか」と述べました。

続いて、昨年のピースロードに参加した若者が感想を述べました。

愛知県の佐藤奈菜さんは、「日々の明確な目標がない中で今の自分を変えたいという思いで参加したが、他のライダーと支え合いや周囲の人たちの温かいサポートを通じ、皆でつくっていく平和の大切さを実感した」と感想を述べました。

長崎県の本田裕明さんは、2013年の第1回のプロジェクトから継続して参加。一方で、年々、参加の動機と思いが変化してきたといい、最初は楽しさだけを感じていたものの、近年は「周囲を幸せにしたいという思いが平和の実現につながることを実感した」と言います。

ライダー報告に続いて、昨年の取り組みについて、富山県実行委員会の鴨野守事務局長が報告しました。鴨野事務局長は、コロナ禍で行われた昨年のプロジェクトにおいて、大変な状況の中で日々奮闘する医療従事者をはじめとする関係者への感謝や平和の尊さ、犠牲となった人々への鎮魂をテーマに掲げたことを紹介。運動への共感とともに、多くの自治体、メディア、宗教団体、公益団体の後援を受けるに至ったことを報告しました。

魚谷事務総長の今年度の活動方針に続いて、UPF-Japanの方相逸常任顧問(=写真下)があいさつし、冒頭、「今日6月25日は朝鮮戦争が勃発した日であり、朝鮮半島の南北統一をあらためて意識する日だ」と述べました。その上で方常任顧問は、平和についての具体的方策として、文総裁が国際平和高速道路構想と国際結婚による国境撤廃を訴えていたことを紹介。ピースロードがこうしたビジョンをアピールする大きな取り組みとなることに期待を寄せました。

実行委員がそれぞれ所感を述べたのち、シンガーソングライターの飯岡泰山さんと妻でサックス奏者の田中恭美さんが応援ソングを披露。最後に青年ライダーが宣誓を行いました。

最近の記事

コロナ禍で苦労する人々に音楽で慰労を

ピースロード練馬主催「ピースロードコンサート」 東京・練馬の会場で11月21日、「ピースロード・コンサート2021」(主催:ピースロード練馬、共催:西北東京平和大使協議会・YSP練馬支部)が開催されました。 主催団体は数年間にわたり、練馬区長承認の環境美化活動団体として継続的な活動を行ってきました。今年4月からは、団体名を現在の「ピースロード練馬」に改称しました。 この夏、自転車縦走による「ピースロード2021 in...

コロナ禍の日本に響いた平和のメッセージ

ピースロード 2021 in Japan オンライン報告会&解散式 「PEACE ROAD(ピースロード)2021 in Japan」中央実行委員会は10月1日、東京都新宿区の会場で「PEACE ROAD 2021 in Japan 報告会&解散式」をオンラインで開催し、全国の都道府県実行委員会の役員、スタッフなど約100人が参加しました。...

人口減少をテーマに講演会を開催(多摩東京)

水野達夫元駐ネパール大使が講演 「非婚化晩婚化をどう防ぐか:日本生き残りの処方箋」をテーマとする「日本の未来を考える文化講演会」が9月19日、東京都多摩市内の会場で開催されました。主催は多摩東京平和大使協議会と「PEACE ROAD 2021 in TAMA TOKYO」。 講師は元駐ネパール大使で、PEACE ROAD 2021 in...

人口減少克服へ 倫理面と人口論的視点から見直しを
「ピースロード富山」主催 県内3カ所で講演

人口戦略家、水野達夫氏が大胆提言 9月11日、12日、PEACE ROAD in TOYAMA 2021実行委員会(委員長:山本徹・富山県議会議員)主催の「郷土の未来を考える文化講演会」が県内3カ所で開催され、合計約330人が出席しました。富山県、富山市、高岡市、黒部市、魚津市、滑川市、氷見市、射水市、砺波市、小矢部市、南砺市が後援。 講師は元駐ネパール大使で、PEACE ROAD 2021 in...

PEACE ROAD 2021 in Japan ラストラン開催(九州)

九州実行委員会は5日、佐賀県唐津市内でPEACE ROAD 2021 in Japan のラストランを開催し、全国から学生、社会人、YouTuberなど13人のライダーたちが集まりました。 ライダーらは呼子大橋(唐津市)から日韓トンネル斜坑現場までのコースを3つに分けて縦走していきました。第1コースの縦走にはPEACE ROAD 2021 in...

日韓Youth Peace Forum
ピースロード2021の成果と
日韓トンネル推進の意義を再確認

PEACE ROAD 2021 in Japan 九州実行委員会主催 PEACE ROAD 2021 in Japan 九州実行委員会が主催する「日韓・アジアの未来を拓く 日韓Youth Peace Forum」が9月4日、福岡市の福岡国際会議場で開催され、全国から集まった代表ライダーや実行委員会役員など約150人が参加しました。オンラインでも中継され、国内のみならず韓国など海外からも約230人が視聴しました。...

世界平和とコロナ収束を願いながら走行(鳥取)

鳥取県実行委員会は28日、智頭町役場前でピースロードの出発式を行いました。コロナ禍のため規模を縮小して開催されました。出発式には来賓が参加する中、ライダーがピースメッセージを声高らかに宣誓しました。出発式後、ライダーは多くのサポーターに見守られながら出発していきました。ライダーらは世界平和とコロナ収束を願いながら元気よく走行。鳥取市川原町の水辺プラザ公園芝生広場までの約20キロを縦走しました。...

深志神社までの約40キロを走破(南長野)

南長野実行委員会は22日、安曇野市の穂高神社でピースロードの出発セレモニーを開催しました。セレモニーでは来賓があいさつし、ライダーを激励しました。穂高神社を後にした一行は、信州スカイパーク(松本市)を経由し、同市内の深志神社までの約40キロを縦走しました。深志神社では到着セレモニーが行われ、サポーターや来賓が到着したライダーを温かく迎えました。...

ピースロードを地元のテレビ局が紹介(西静岡)

西静岡実行委員会は21日、ピースロードを開催し、富士山静岡空港(牧之原市)から出発しました。中継地点である袋井市の会場に到着後、歓迎会が開かれました。歓迎会には来賓の方が訪れ、ライダーを激励しました。代表ライダーがピースメッセージを声高らかに宣誓したあと、一行は会場を出発。府八幡宮(磐田市)に到着したライダーらは安全祈願をしてもらいました。その後は浜松市の会場を経由し、ゴール地点である湖西市の新所原駅まで縦走していきました。西静岡ルートの様子は地元テレビ局のニュース番組でも紹介されました。...

7人のライダーが自然豊かなコースを走行(山梨)

山梨県実行委員会は21日、甲府市の金櫻神社(かなざくらじんじゃ)でピースロードの出発式を行いました。出発式は新型コロナウイルス感染拡大防止のために規模を縮小して開催されました。今回、山梨ルートでは7人のライダーが縦走に参加。出発式では来賓のあいさつや代表ライダーによるピースメッセージ宣誓が行われました。出発式後、一行は同市内に位置する、国の特別名勝にも指定されている昇仙峡(しょうせんきょう)に向かいました。昇仙峡で休憩をとり、ライダーはゴール地点である甲府駅前の武田信玄公像まで縦走しました。...

Share this Page